ズバリ!大手メーカーで家を建てる際のデメリット

コスト面がネックになる

住宅を建築するときには大手ハウスメーカーを使う人もいます。大手ハウスメーカーに注文をしたときにはデメリットがあってコストが結構かかります。大手は全国規模で展開をしているためコマーシャルたチラシにコストを掛けているサービスです。それらのコストが住宅の価格に上乗せされているので価格が高くなってしまう傾向があります。工務店などと比較すると価格差は一目瞭然です。基本的に大手ハウスメーカーでも規格内で収まる住宅ならそんなに高くありません。規格外になってしまうと非常に高いコストが掛かってしまうのがネックです。特に土地の形が異質なものだと建築費用もかなりかかってしまいます。ある程度予算に余裕があるのなら大手ハウスメーカーを使ってみましょう。

自由度はあまりないと考えておこう

基本的に大手ハウスメーカーはカタログに記載されている住宅を建築してくれます。例えばあの住宅商品の、この部分だけアレンジしたいというときは対応してくれません。自由度があまりないのが大手ハウスメーカーのネックです。大手ハウスメーカーは専用の工場を使い建具を作っています。すべての商品が規格化されていて、これにより効率よく住宅を建築できます。規格化のメリットは手抜き工事になりにくい部分です。その分自由を犠牲にして商品を売っているのでお客さんのわがままな要望には応える事ができない仕様です。ただ屋根の色を変更したり壁に色を変更する程度ならでオプションで対応してくれます。基本的に間取りに自由度はないと考えておきましょう。