大手メーカーだからこそできること

家と同時に「安心」を買う

大手メーカーで注文住宅を建てることを考え始める際にまず訪れるのは、住宅展示場ですね。各メーカーのモデルハウスに入ると、品質の説明を詳細に展示しています。なぜ地震や火事に強いのか。断熱性能や遮音性能がどの程度あるのか。等々、実際の建材などを使ってわかりやすく説明しています。大手だからこそ、莫大な資金をかけて研究し、商品を作り出しているわけなので、安心感があります。

また、大手メーカーでは、保証制度が充実しています。ほとんどのメーカーでは10年保証を採用していますし、それに加えて性能ごとに20年、30年まで保証しているメーカーもあります。家に不具合はつきものですので、大手メーカーの保証制度はありがたいですね。

つまり、買い手は安心を家と同時に購入できるというわけです。

オールインワンで買い手の負担軽減

大手メーカーで建てると、会社のたくさんの部門の人々と関わることになります。営業の人から始まり、設計士に家を設計してもらい、インテリア、エクステリアの相談、また一番大事な資金の相談まで、それぞれの部門のプロフェッショナルと話を進めます。各部署が連携して対応してくれますので、物事の運びが非常にスムーズで大変助かります。

たくさんのスタッフを抱えているメーカーだからこそできることで、そうでないと、自分で銀行に足を運び、インテリアも自分で考え、エクステリアはまた別途業者を選定して発注、ということもあるかもしれません。それぞれも連携しませんので、自分で管理することになります。すべてを社内でコントロールしてくれる大手メーカーは、買い手の負担を大幅に軽減します。